日見バイパスの早期4車線化を求める要望活動(長崎)

田上長崎市長、佐々長崎県土木部道路建設課長、地元関係者(岩永東長崎商工会会長、古賀東長崎地区自治会連合会会長、奥村日見地区連合自治会会長、渡邊古賀地区連合自治会会長、金谷伊良林校区連合自治会会長)とともに、国土交通省長崎河川国道事務所を訪ね、木村事務所長に対して「国道34号(日見バイパス)の4車線化の早期整備について」の要望活動を行いました。

先月、国土交通省本省に対して要望活動を行いましたが、地域の方々から渋滞や事故などの切実なお声を多く頂いており、早期4車線化に向けて今後も粘り強く働きかけてまいります。