秋の大祭「長崎くんち」

いよいよ「長崎くんち」が始まりました。
この「長崎くんち」は江戸時代からの長き伝統をもつ郷土の誇る秋の大祭であります。踊町6町(「馬町」「東濵町」「八坂町」「銅座町」「築町」「籠町」)の演し物では、各踊町の皆様方が連日の研鑽を積み重ねてこられたご努力に敬意を表するとともに、それぞれの伝統と特長を活かしての盛り上がりに大いに期待しています。
今年は国会開会中であったために、初めてNHKのBSハイビジョン放送で視ましたが、やはり地元で観るのとでは、その迫力は全然違います。
私も12年に亘る県知事時代には、毎年初日の朝に紋付き袴姿で長崎の氏神「諏訪神社」で行われる奉納踊りの行事に出席していたこともあり、今すぐにでも長崎に戻りたい気持ちに駆られました。

さて、今月から臨時国会が始まりましたが、菅首相の所信表明演説、代表質問では、無責任な答弁が多く、「政治主導」を掲げているにもかかわらず、菅首相のリーダーシップが全く感じられません。内政も外交も混乱している現在、一刻も早く党利党略の政治を改めさせ、国民生活、国民の利益が最優先されるよう、懸命の努力を続ける決意です。

紋付き袴姿で「長崎くんち」に出席した知事時代





今年の「長崎くんち」初日の様子

 

buy cheap cialis in australia bestille kamagra cheap viagra in australia køb af viagra i danmark var kan man få tag på viagra buying cialis in australia